FC2ブログ

技術系のブログ

ぺんたんの更新情報を配信してます。本家サイトにない情報が配信されることがあるかも 本家はこちら http://pentan.info/

スポンサーリンク

Androidでマルチスレッド処理をする方法

Androidでマルチスレッド(マルチタスク・バックグラウンド処理)をするには次の方法があります。

[参考記事] UIを操作するのにhandlerを使う理由 thread WebViewCoreThread exiting due to uncaught exception

Java標準のThreadクラスを使用する方法
Android独自のAsyncTaskを使用する方法

スポンサーリンク

Java標準のThreadクラスを使用する方法

Androidアプリはマルチスレッドで動作することができますが、UIはシングルスレッドモデルです。
このためメインスレッドのUI以外のスレッドからUIにアクセスすると例外が発生します。

次のように別スレッドでUIにアクセスすると例外が発生します。

public void onClickButton(View v) {
  new Thread(new Runnable() {
    @Override
    public void run() {
      // マルチスレッドにしたい処理 ここから

      String result = getMessage(); // 何かの処理
      msgView.setText(result); // 画面に描画する処理

      // マルチスレッドにしたい処理 ここまで
    }
  }).start();
}



そこで別スレッドからUIスレッドへの橋渡しとなるHandlerを使用します。

Handler handler= new Handler();

public void onClickButton(View v) {
  new Thread(new Runnable() {
    @Override
    public void run() {
      // マルチスレッドにしたい処理 ここから

      final String result = getMessage(); // 何かの処理
      handler.post(new Runnable() {
        @Override
        public void run() {
          msgView.setText(result); // 画面に描画する処理
        }
      });

      // マルチスレッドにしたい処理 ここまで
    }
  }).start();
}



[参考記事] UIを操作するにはhandlerを使う thread WebViewCoreThread exiting due to uncaught exception

Android独自のAsyncTaskを使用する方法

AndroidではAsyncTaskクラスというマルチタスク(非同期処理)用のクラスがあります。
AsyncTaskクラスのサブクラスを作成し、onPreExecute()、doInBackground()、onPostExecute()をオーバーライドして使用します。

onPreExecute前処理
doInBackgroundバックグラウンドで動かす処理
onPostExecute終了時の処理

AsyncTaskのサブクラス化する際にAsyncTask<Param, Progress, Result>という形で、doInBackground()の引数、進捗具合を表すパラメータ、doInBackground()の戻り値(=onPostExecuteの引数)をテンプレート引数に渡すようになっています。

package com.example.test;

import android.app.Activity;
import android.os.AsyncTask;
import android.os.Bundle;
import android.view.View;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.TextView;

public class ThreadSample extends Activity implements OnClickListener{
  TextView mTextView;

  @Override
  public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
    super.onCreate(savedInstanceState);
    setContentView(R.layout.main);

    //TextView取得
    mTextView = (TextView)findViewById(R.id.TextView1);
    //TextViewタップ時にonClick実行
    findViewById(R.id.TextView1).setOnClickListener(this);
  }

  @Override
  public void onClick(View arg0) {
    // スレッド起動
    new AsyncAppTask().execute();
  }

  class AsyncAppTask extends AsyncTask<Void, Void, String>{
    @Override
    protected void onPreExecute() {
      // ここに前処理を記述します
      // 例) プログレスダイアログ表示
    }
    @Override
    protected String doInBackground(Void... arg0) {
      // バックグランド処理をここに記述します
      return "Thread Samples";
    }
    @Override
    protected void onPostExecute(String result) {
      // バックグランド処理終了後の処理をここに記述します
      // 例) プログレスダイアログ終了
      //    UIコンポーネントへの処理
      mTextView.setText(result);
    }
  }
}
関連記事
  1. 2012/03/04(日) 03:11:22|
  2. Androidアプリ製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< Androidのソースファイルを入手する方法動画を再生する方法 VideoView >>ホーム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pentanspot.blog.fc2.com/tb.php/322-bf2c22eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上に戻る