FC2ブログ

技術系のブログ

ぺんたんの更新情報を配信してます。本家サイトにない情報が配信されることがあるかも 本家はこちら http://pentan.info/

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Javaをコマンドラインから実行する

テキストエディタで次のコードをHelloWorld.javaファイルとして保存します。

// HelloWorld.java
public class HelloWorld
{
    public static void main( String[] args )
    {
        System.out.println( "Hello world!" );
    }
}

『ファイル名を指定して実行』や『プログラムとファイルの検索』より『 cmd 』を入力してEnterを押すと、黒いコマンドプロンプトの画面が開きます。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2012/03/04(日) 19:48:10|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

javaコマンドは実行できるが、javacコマンドが実行できないとき

コマンドプロンプトから

C:\>java

を実行するとコマンドリストが出るけど

C:\>javac

を実行すると次のようなエラーが出る場合、環境変数PATHの設定が間違っています。

続きを読む
  1. 2012/03/04(日) 03:21:36|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

==とequalsメソッドの違い 値が同じかどうかを見るにはequalsメソッドを使う

参照型変数にはデータそのものではなく、データの格納先(参照先)を示す値が入っています。

[参照記事] PHPでの==の意味

文字列の比較には通常、equalsメソッドを使うが、==による比較をおこなうと参照先が同じかどうかを判定する事ができます。
equalsメソッドの場合は、別々のメモリに同じ文字列が格納されていてもtrueになりますが、==ではfalseになります。

続きを読む
  1. 2012/03/04(日) 03:17:37|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

型変換の一覧(キャスト)

文字列型(String)からの変換

続きを読む
  1. 2012/03/04(日) 02:52:44|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

base64変換の一覧とその詳細サンプルコード

Javaには、標準でBase64のエンコード・デコード処理を行うメソッドはありません。

sun.misc.BASE64Encoderは、Javaのバージョンや Sun 以外の VM には存在しない可能性があるので、互換性を考慮すると使用しない方がよいとされています。
ビルド時にも警告が出ます。

警告:sun.misc.BASE64Decoder は Sun が所有する API であり、今後のリリースで削除される可能性があります。
警告:sun.misc.BASE64Encoder は Sun が所有する API であり、今後のリリースで削除される可能性があります。

sun.misc.BASE64Encoder sun.misc.BASE64Decoderの例
org.apache.commons.codec.binary.Base64の例
Base64.javaの例
その他

続きを読む
  1. 2012/02/27(月) 16:10:38|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗号化・複合化を行う ブロック暗号

Javaでブロック暗号を行うにはCipherクラスを使用します。
AESやDES、Blowfishなどが使用可能です。

AndroidではBlowfishが正しく使用できません。(2.2で確認)

[参考記事] ブロック暗号とは
[参考記事] PHPで暗号化・複合化を行う ブロック暗号
[参考記事] Perlで暗号化・複合化を行う ブロック暗号
[参考記事] Rubyで暗号化・複合化を行う ブロック暗号

サンプルコード
使用できる暗号アルゴリズムの一覧
使用できる暗号利用モードの一覧
指定できるパディング方式の一覧
鍵生成(KeyGenerator)で指定できる暗号化アルゴリズムの一覧

続きを読む
  1. 2012/02/27(月) 16:01:05|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

deleteOnExit()メソッドは環境によって動作が違う JVM+Windows

Java Virtual Machine(JVM)は環境に依存せず、同じコードがどの環境でも同じように動作する設計となっています。
しかし環境依存のコードが使用されているところでは、振る舞いが異なることがあります。

deleteOnExit()メソッドはそれに該当します。
『ファイルが存在したら削除する』というメソッドです。

deleteOnExit()メソッド自体は本来JVMを終了させるときに、不要なファイルを削除するために用意されたものです。
しかし、このメソッドを使ってファイルを削除するように指定してもWindowsでは削除されないことがあります。

続きを読む
  1. 2012/02/27(月) 15:53:13|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実行中のメソッド名やクラス名を取得する方法

new Throwable()やThread.currentThread()のgetStackTrace()を使用すると、このクラスはStackTraceElement型の配列を返却するので、 呼び出し元のスタックフレームの情報を得ることができます。

またエラーではないときの、スタックトレースなどにも使用できます。

Throwable#getStackTrace()はJ2SE1.4から追加されています。
Thread#getStackTrace()はJ2SE5.0から追加されています。

この配列つまりスタックの最初である0番目の要素が、Throwableクラスを生成したメソッドを表す要素となります。

続きを読む
  1. 2012/02/04(土) 22:54:38|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文字列の部分一致検索を行う方法

文字列が完全に一致するかどうか調べるならequalsメソッドを使用します。

String str11 = "文字列の検索サンプルです";
String str12 = "検索";
 
if (str11.equals(str12)) {
  System.out.println( "完全一致です" );
} else {
  System.out.println( "完全一致ではありません" );
}

文字列を検索 indexOfメソッド

文字列を検索するには、indexOfメソッドを使用することができます。

public int indexOf(String str)

indexOfメソッドは、ある文字列から別の文字列を左側から右側に検索し、見つかった位置を返します。
該当する文字列がなかった場合は -1 が返ります。

String str21 = "文字列の検索サンプルです";
String str22 = "検索";
 
if (str21.indexOf(str22) != -1) {
  System.out.println( "部分一致です" );
} else {
  System.out.println( "部分一致ではありません" );
}
続きを読む
  1. 2012/02/02(木) 22:53:34|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文字列の置き換えを行う方法 (replaceAllで気をつけること)

Java の String クラスには置換メソッドとして replaceAll() メソッドが用意されています。
文字列に指定した文字列が存在した場合に、指定した別の文字列に置換を行います。

String str1 = "今日の天気は晴れです。";
String str2 = "晴れ";
String str3 = "雨";

str1.replaceAll(str2, str3);

replaceAll() は内部で正規表現を行い、置換処理を実現しています。
このため次の例はあっているように動作しますが、厳密には間違っています。

String str1 = "../test.html";
String str2 = "../";
String str3 = "http://www.example.com/";

str1.replaceAll(str2, str3);
続きを読む
  1. 2012/02/02(木) 22:51:21|
  2. Java
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上に戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。